タクシー

求人情報提供や会社説明会

タクシー求人サイトでは、タクシー運転手の求人情報を提供してくれます。転職に不安を持つ人に対しては、転職コンサルタントに相談ができます。中小企業などが会社説明会をするときに、その情報などを軽視してくれます。

詳しく見る

スーツの男女

収入を増やすテクニック

スキルが生かせる仕事に注目するのが、30代が転職で収入アップを実現するための基本であり、求人サイトに登録するのが理想的です。語学力や運転技術が生かせる仕事も魅力的ですが、営業のスキルを武器にして、好条件の転職先を探すのが賢い方法です。

詳しく見る

PC操作する人

英語力を身につける

貿易事務の仕事をしたい場合には、様々なスキルを身につけておくことが大事です。英語力とPCスキルは必要最低限の資格と言えるでしょう。どんな資格を取得していれば採用されやすいのか、インターネットで調べることをおすすめします。

詳しく見る

タクシー

条件を確認する

タクシー求人サイトを利用する場合、応募条件をしっかり確認することが大事です。また、仕事内容も確認しましょう。仕事のエリアから選ぶのもおすすめです。年収が良かったり、労働条件が良かったりするところを選びましょう。

詳しく見る

スーツの女性

希望条件を明確にする

30代になると男性でも女性でも、ひとまず、転職を考える年代となります。定年まで勤められる職場を探しましょう。それには転職サイトの活用をおすすめします。希望条件を明確にした上で妥協することなく、じっくりと探すことが大事です。

詳しく見る

多彩なスキルが必要

履歴書

英語やパソコンスキル等

貿易事務は事務職ですが、日常的に英語を使います。また、書類作成や商品の納入管理なども行うため、ワードやエクセルなどに代表される、基本的なパソコンのスキルを持っていることも貿易事務には重要です。貿易事務は未経験からでも応募が可能な職種です。しかし、英語を多用する職種なので、客観的に英語のスキルを証明する資格を持っていると有利です。英語のスキルを証明できる資格としては、TOEICや英語検定などが代表的です。また、プログラミングやエンジニアリングなどの、非常に専門的なパソコンスキルは貿易事務には必要ありません。しかし、ワードやエクセルなどを多用する職種のため、基本的なパソコンスキルを持っていることを証明できる資格を持っていることは重要です。基本的なパソコン操作能力を証明できる資格としては、マイクロソフトオフィススペシャリストが有名です。貿易事務の仕事を円滑に行うためには、コミュニケーションスキルも重要です。貿易事務では、輸出入に関する様々な人と仕事上のやり取りをします。コミュニケーション能力を測る資格としては、あまり知名度は高くありませんが、コミュニケーション能力認定講座などがあります。貿易事務の仕事をスムーズにこなすためには、英語、パソコン、コミュニケーションなどの多彩なスキルが必要です。ただ、今の日本では、貿易事務に役立つスキルを身につけ、スキルを証明することができる資格は、非常に数多くあります。貿易事務への転職を目指す人は、実際に求人を探す前に、必要な資格を取得する方が効率的に仕事探しができることもあります。